• 第21回 北日本看護学会学術集会
  • 第20回 北日本看護学会学術集会
  • 第19回 北日本看護学会学術集会
  • 第18回 北日本看護学会学術集会
  • 第17回 北日本看護学会学術集会
  • 震災お見舞

2017年9月9,10日に山形大学飯田キャンパスで開催された第20回学術集会は,盛会のうちに無事終了いたしました。
ご参加いただきました皆様にこころより御礼を申し上げます。
今後も北日本看護学会をどうぞよろしくお願いいたします。

第7回評議員選挙を評議員選出規定に基づき、平成29年9月1日に公示いたしました。
投票締切日は、平成29年11月30日(木)といたします。
当学会の会員の皆様におかれましては、評議員選出規定第3条および4条に基づき、選挙資格として学会年会費の完納が必要となります。

 平成29年9月11日

北日本看護学会
理 事 長     塩 飽  仁
選挙管理委員長 古瀬 みどり

第7回評議員選挙のお知らせ(会告) (PDFファイル)

一般社団法人 日本助産学会から「エビデンスに基づく助産ガイドラインー妊娠期・分娩期2016」が本学会宛に送付されました。
本ガイドラインは日本助産学会のホームページにてPDFj形式で無償公開されているとのことですので,ダウンロードしてご活用ください。

日本助産学会からの送付案内文(PDF)

日本助産学会「エビデンスに基づく助産ガイドラインー妊娠期・分娩期2016」公開サイト

学術集会の詳細は,決まり次第,第20回学術集会web siteでお知らせいたします。
第20回学術集会web siteへは,画面右上部のリンクボタンをクリックしてください。

第20回北日本看護学会学術集会

テーマ
社会が求める看護の探求
― 20周年を迎えた北日本看護学会 ―

期日 : 平成29年9月9日(土)、10日(日)
会場 : 山形大学医学部

学術集会長 小林淳子(山形大学医学部看護学科 教授)

挨拶

 1997年(平成9年)に誕生した北日本看護学会は、同年に第1回学術集会を山形大学医学部で開催しました。そして、平成29年度第20回学術集会は、第1回と同じ山形大学医学部での開催となります。学会としては設立から21年目なのですが、2011年(平成23年)は東日本大震災が発生して学術集会は中止となりましたので、学術集会は1年遅れて20周年を迎えることになります。現在は看護学全般を網羅する学会から専門領域に特化した学会まで多くの多様な看護学会が存在しますが、本学会が設立した当時はこのような学会は希少でした。とくに、実践現場の看護職が研究発表できる機会を創りたいという意図もあって、現理事長の塩飽仁先生、前理事長の高橋みや子先生、当時の山形大学医学部看護学科教授の久米和興先生、桂敏樹先生がポケットマネーを出してスタートしたとお聞きしています。
 20周年という節目の年に、社会が求める看護を探求する視点から北日本看護学会が果たしてきた役割を振り返り、本学会が今後目指す方向性を参加者の皆様と共有する学術集会にしたいと存じます。会員、非会員、過去参加の経験は問わず、多くの皆様のご参加を歓迎いたします。

 

第20回学術集会は,2017年9月9,10日に山形大学飯田キャンパス(山形市)で開催されます。
学術集会会長は,山形大学医学部看護学科教授の小林淳子先生です。
詳細は決まり次第ホームページ等でお知らせいたします。